平河悠(U-23日本代表)出身中学は?佐賀東高校では無名?年俸や彼女の存在も調査

本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。 (ステマ規制法の表示義務により全ページに表示しています。)

FC町田ゼルビアに所属しているFW平河悠(ひらかわ・ゆう)選手が、日本代表U-23に抜擢されました。

平河悠 選手は、山梨学院大学時代に急成長を遂げた選手で、

スピードや瞬発的な動き、両足でゴールできる技術が高く評価されています。

そんな、平河悠 選手の推定年俸や出身学校を調査していきましょう!

\この記事でわかること/

 

✔ 出身学校や経歴

✔ 年俸いくら?

✔ 現在、彼女いる?

✔ 今後の移籍について

平河悠プロフィール・プレースタイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

平河 悠 / Yu hirakawa(@hirayu_1314)がシェアした投稿

名前 平河 悠

(ひらかわ・ゆう)

生年月日 2001年1月3日
年齢 23歳(2024年6月現在)
身長 171 cm
体重 68 kg
出身地 佐賀県鹿島市
血液型 B型
ポジション FW
所属チーム FC町田セルビア
経歴 <出身校>

鹿島市立明倫小⇒鹿島市立西部中⇒佐賀東高⇒山梨学院大

<プロ契約>

FC町田ゼルビア

≪2024年6月作成≫

平河悠 選手は佐賀県鹿島市出身。

佐賀と言えば「サガン鳥栖」ですが、ユース上がりではなく、佐賀東高校に進学しました。

プレースタイル特徴

  • 1対1では負けない
  • 60分走れる持久力
  • 速いスピード
  • 守備も強い

ドリブル技術が高く、1対1では負けない強さ平河悠 選手のプレースタイルの特徴です。

急速な加速や突然の方向転換をしながら、左右どちらのサイドでも動くことができます。

持ち味であるドリブル突破技術に加え、60分間動き続けるスタミナと高い持久力も兼ね備えています。

大学時代には、50m走のタイムは6秒台前半で、その圧倒的なスピードが平河悠 選手の強みです。

サッカー専門誌では、平河悠 選手の特徴を以下のように挙げています。

平河は攻撃なら三笘守備では長友のようにプレーができる――。

個でサイドを打開できて、攻守にハードワークができる彼の存在は、黒田監督のスタイルを実現する上で一つの決め手になっている。

引用:Sports naviより

長友選手のように、守備でもその力を発揮でき、チームのディフェンス力を強化しています。

平河悠の出身小・中学エピソード

小学生時代エピソード

出身小学校

鹿島市立明倫小

所属チーム

明倫JSC

出身小学校は、鹿島市立明倫小学校です。

友達とボールを蹴って遊んでいて面白かったことがきっかけで、明倫JSCに入団しました。

明倫JSCは、九州大会3位の成績を残しているサッカー強豪チームです。

中学生時代エピソード

出身中学

鹿島市立西部中学校

所属チーム

FCレヴォーナ

中学生時代は、地元にある西部中に通学しながら、FCレヴォーナでプレーしています。

FCレヴォーナも佐賀県大会では優勝常連の強豪チームです。

高校生時代エピソード

出身高校

佐賀東高校

平河悠 選手の進学先は、佐賀県でのサッカー強豪校・佐賀東高校。

高校時代は、実家から1時間半ほどの道のりを通学し、朝練にも励んでいました。

朝練があった日は朝4時15分起床。

芝生のグランドではなく、水捌けの悪い砂のグランドだったため、昼休みにグランド整備。

試合前には石ころ拾いなども行い、精神的にも強くなれたそうです。

高校の時は、自分で課題を見つけて、それを克服する自主練を行なっていました。
例えば、自分は攻撃の選手だけどシュートまで行っても決めきれないとか、ポゼッションのミスなどもあったりしたので、シュート練習を入念にやって攻撃の質を高めました。

引用:ジュニアサッカーニュース

自主練も行い、コツコツと努力を重ねていきましたが、

高校2年時の選手権では、試合には出場できませんでした。

目立った成績も残せず、プロサッカー選手になる夢を諦め、就職を考えていたそうです。

しかし、インターハイでの活躍が山梨学院大学の目に留まりました。

平河悠の出身大学は山梨学院大学


平河悠 選手は山梨学院大学サッカー部で、メキメキと頭角を現し始めました。

東京都1部リーグでの活躍がFC町田ゼルビアに評価され、大学3年生の時点で特別指定選手に。

同じ大学のチームメイトからは、

悠がボールを蹴っていない時を見たことがない。きつい練習の後に皆がへばっている時でも、悠だけずっとシュート練習をしている。サッカーが好きすぎて、凄い奴です。

引用:ゲキサカ

と評価されています。

平河悠の年俸はいくら?

平河悠 選手の年俸は2000万円~3000万円と考えられます。(2024年時点)

2021年、2022年は大学生で、特別指定選手だったため年俸は不明でした。

2023年にプロ契約を正式に結んだ後、35試合に出場し6ゴールという結果を残しています。

FC町田ゼルビアJ2優勝に大きく貢献したため、2000万円を超えるかと予想しました。

※Jリーグの年俸は正式には公表されていません。※参考:クラブ経営情報資料PDF

U-23日本代表に選出されているため、国際試合でどの程度貢献したかによって、今後の年俸も上がっていくことでしょう。

なお、海外からの評価指数の目安にもなる「市場価値」は、2024年1月時点で約1億円程度。

(推定60万ユーロ・トランスマーケットより)

パリオリンピック代表として18名中に選ばれ、結果を出すことで、年俸は跳ね上がるかと予想されます。

FC町田ゼルビアから、海外でプレーする日も近いかもしれませんね。

平河悠に彼女いる?

平河悠 選手の結婚や彼女について調べてみましたが、残念ながら情報がありませんでした。

2022年12月~2023年2月にかけて、ビーチに行ったりディズニーランド、温泉に行かれた投稿がありましたので、

もしかするとサッカー仲間か彼女との旅行かもしれません。

インタビューでは、海外遠征のときにパスポートを申請し忘れていた、

とおっちょこちょいなエピソードも聞かれました。

サポートしてくれる特別な交際相手がいれば結婚も早いかもしれませんね。

まとめ:平河悠のサッカー歴や年俸・彼女について

✔ 高校時代は無名選手だったが、山梨学院大学で評価されFC町田ゼルビアへ

✔ 技術の高いドリブル力とスピードが持ち味の選手

✔ 市場価値は1億円ほど

✔ 出身中学は、鹿島市立明倫小⇒鹿島市立西部中⇒佐賀東高⇒山梨学院大

✔ 結婚はしておらず、独身

今後は、FC町田ゼルビアで結果を残し、海外でも飛躍できる選手かと思います。

ぜひ、パリ五輪でもメンバーに選ばれるよう、応援していきましょう!

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

【  DAZNでおトクに!】

サッカーシーズンまるっと観戦!

DAZN

2024年6月12日(水) 国際親善試合

※日本時間で記載

【U-23日本代表選手一覧】

●GK

●DF

●MF

●FW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!