内野貴史(サッカー)彼女いる?現在の年俸は?学歴(小・中・高校)や実家も紹介

本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。 (ステマ規制法の表示義務により全ページに表示しています。)

 

ドイツ、ブンデスリーガに所属するクラブ「フォルトゥナ・デュッセルドルフ」所属の内野貴史選手。

内野貴史選手の、ポジションはゴールを守る守備のディフェンダーDFです。

DFで活躍している日本人の市場価値はわりと高いかと思います。

今回は、内野貴史選手に彼女がいるのか?恋愛事情・学歴などを見ていきましょう!

✔ 内野貴史選手に現在、彼女いる?

✔ 内野貴史選手の年俸推移・市場価値

✔ 内野貴史選手の今までの経歴や学生時代のエピソード

✔ 内野貴史選手の家族構成

内野貴史プロフィール(ドイツ所属チーム)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takashi Uchino(@takashi.u_0307)がシェアした投稿

名前  内野 貴史

(うちの・たかし)

生年月日 2001年3月7日
年齢 23 歳(2024年5月現在)
身長 177 cm
体重 64 kg
出身地 千葉県松戸市
国籍 日本
血液型 A型
ポジション DF(RB/LB)
所属チーム フォルトゥナ・デュッセルドルフ
経歴 <ユース>

柏レイソルU-12⇒ジェフ千葉U-15⇒ジェフ千葉U-18

<高校卒業後>

1.FCデューレン (ドイツ)

⇒アレマニア・アーヘン (ドイツ)

⇒フォルトゥナ・デュッセルドルフ (ドイツ 2021~)

<プロ契約>

フォルトゥナ・デュッセルドルフ (ドイツ 2022・10~)

サッカー日本代表U-23に選出された、内野貴史選手は、ドイツのフォルトゥナ・デュッセルドルフに所属。(2024年5月時点)

同じチームには、2022年から完全移籍している田中碧選手、世代が同じアペルカンプ真大選手がいます。

日本代表の経験豊富な田中碧選手とは、サッカーのアドバイスをもらったり、人生相談をする仲なんだそう。

内野貴史は現在、独身で彼女はいない

内野貴史選手は、2024年7月時点では独身です。

彼女、好みの女性のタイプなど、プライベートを語っているインタビューも数が少ないですね。

高校卒業後はJリーグには加入せず、ドイツに渡っています。

今は、ドイツでサッカーに集中したい時期かと思いますので、自分を高めてくれる相手が現われたら、

結婚や交際に発展するかもしれませんね。

内野貴史の年俸いくら?

内野貴史選手は高校卒業後、海外に渡っていますので年俸も高いと予想されます。

サッカー選手の推定年俸を調査しているメディア「サラリースポーツ」によると、

2023年推定年俸

135,200ポンド

日本円:約 2,363万円

※1ポンド=174.85円で計算

2023年の1ポンドの為替レートで換算すると、約2,300~2,400万円です。

他チームにも所属していましたが、フォルトゥナ・デュッセルドルフとのプロ契約(2022年10月)で2000万円以上になったかと思います。

同じチームの田中碧選手の推定年俸は、内野貴史選手の4倍以上のため、

今後チームでの勝利や貢献次第で、大幅にアップすることでしょう。

内野貴史の家族構成は?父母は元国体選手

内野貴史選手には、ご両親がおられます。

兄弟姉妹について、語っているインタビューは見当たらなかったので、一人っ子かもしれません。

父:元 卓球の国体選手

母:元 バドミントンの国体選手

内野貴史選手の父親・母親は、元国体選手。

幼少期の頃は、サッカーの他に、野球とバドミントンもしていたそうです。

スポーツ大好きなご両親だからこそ、好きなスポーツを自分で選んで決定してほしかったのでしょう。

ご両親は、サッカーの試合にも頻繁に行き、応援していました。

なぜまだ試合が終わっていないのに諦めたのか

参照:https://www.nikkansports.com/

と、喝を入れられることもあったそうです。

ドイツのチームへ入団するときにも、2年間サッカーに集中するために、金銭面での援助が必要になることを両親に話した内野貴史選手。

父母が、元スポーツ選手だっただけに、余計に頑張りたい気持ちを応援してくれるのでしょう。

内野貴史の学歴・経歴

内野貴史の小学・中学時代

サッカーを始めたのは、小学生の時。

千葉県松戸市にある「新松戸SC」に所属し、小学4年生から「柏レイソルU-10~12」でプレーしていました。

出身中学

千葉県松戸市立第三中学校

出身中学は、地元松戸市の公立中学校。

中学時代は、「ジェフユナイテッド市原・千葉ジュニアユース(U-15)」に所属しています。

部活ではなく、ユース(中学生年代)チームでサッカー技術を学んでいます。

内野貴史の出身高校

出身高校

千葉県立生浜(おいはま)高等学校

内野貴史選手の出身高校は、松戸市から車で1時間ほどの距離にある生浜高校です。

高校時代も部活ではなく、「ジェフユナイテッド市原・千葉ユース(U-18)」に所属。

Jリーグのジュニアからユースまで、サッカーの環境が整っているチームで練習をしているので、

小学時代から真剣にサッカーに取り組んできたことでしょう。

内野貴史は高校卒業後ドイツへ

内野貴史選手は、プロサッカー選手になりたい!と熱い想いはあったものの、

「ジェフユナイテッド市原」のトップチームや他のJリーグのチームからはプロの話はありませんでした。

しかし、内野貴史選手は、

僕はめちゃくちゃプロサッカー選手になりたくて。高校卒業後の数年間って、ラストチャンスだと思ったんです

参照:https://news.livedoor.com/

と語っており、サッカーを諦めませんでした。

ご両親には、大学費用として貯めていた資金を、ドイツへ渡るための資金に充ててほしい、と説得。

その後、ドイツのユース5部リーグチーム1.FCデューレンU-19でプレーしました。

ドイツでの環境が劣悪!

ドイツに渡ったものの、5部リーグのため、寮には入れましたが、アスリートとしての食事待遇は受けられません。

内野貴史選手は、空き缶やペットボトルを集めて、エコ活動を行いお金に代えて、プロテインバーなどを購入していたそうです。

金銭面だけでなく、言葉の壁にもぶつかります。

英語力が低いと他のチームメンバーからはいじられることもあり、自分からどんどん話かける努力したそうです。

つらい時期には、両親からの言葉を思い出し、絶えて頑張った内野貴史選手は、

相手にも自分にも負けちゃいけないということを学んだ

参照:https://news.livedoor.com/

と語っています。

逆境にも耐えられるメンタル力が凄いエピソードですよね。

その後、海外からの評価も高くなり、スカウトの目に留まり、「アレマニア・アーヘンU-19」に移籍。

「アレマニア・アーヘン」では、トップチームに昇格。

そこでも、熱心な勧誘を受け、現在所属のチーム「フォルトゥナ・デュッセルドルフ」 に移籍することになりました。

内野貴史の日本代表歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takashi Uchino(@takashi.u_0307)がシェアした投稿

日本代表歴

2022年:U-21日本代表

2023年:U-22日本代表

2024年:U-23日本代表

フォルトゥナ・デュッセルドルフ」での活躍中、内野貴史選手「U-21日本代表」に初選出されました。

初選出の代表選では、5試合に出場、2アシストを記録し、注目を集めました。

内野貴史選手のプレースタイルは、サイドであればどこでもこなせる守備力。

1対1でも安定的なパス出しや攻撃に変えられる判断力が、持ち味です。

パリオリンピックでは招集されませんでしたが、2026年ワールドカップでの活躍も期待されますね。

まとめ:内野貴史(サッカー日本代表)選手について

内野貴史選手の家族や年俸について、詳しく紹介しました。

✔ 内野貴史選手の年俸は、2300万円以上(2023年時点)

フォルトゥナ・デュッセルドルフでの活躍次第で、2024年は、3000万円以上の可能性もある

✔  内野貴史選手には、両親がいて、高校卒業後のドイツでの下積み時代を、支えてくれた

✔ 「ジェフユナイテッド市原・千葉ユース」時代では、無名でJリーグからは声が掛からなかった

✔ 出身学校は、千葉県松戸市立第三中学校・生浜高校

過去の泥臭い下積み時代があったからこそ、日本代表に昇りつめた内野貴史選手。

今後の海外でのキャリアアップ・日本代表選手としての活躍を応援していきましょう!

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

【  DAZNでおトクに!】

サッカーシーズンまるっと観戦!

DAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!